写真整理


写真整理

あなたのお家の中にある、たくさんのアルバムや箱に入った写真。
整理しようと思って出して見てみるものの、上手な方法を思いつかず、 またそっとしまっていませんか?
写真は見るために撮った大切な思い出の品です。
整理の方法を学び、ご自分で写真整理をスタートしましょう。
写真を整理するためには、 はじめに、どのようなことが必要で、どう進めていけばよいのかを知ることが大切です。
写真の整理とひとことで言っても、 思い出の品は写真だけでなく、 子どもの成長や旅行の様子を撮影したビデオ、
はがきや賞状、自分や子どもの描いた絵なども大切な思い出です。
また、いつごろまでに整理するのか、 誰が何を整理するのかも、考えておく必要があります。
パソコープでは、写真を整理するときに必要な方法や知識を身に付けるためのさまざまなテキストや講座があります。
整理の仕方をひも解いて、あなたにぴったりの写真整理をはじめましょう!



講座のポイント!

  • まず何からはじめたらよいのか、どんな手順で進めたらよいのか、 整理の方法を順を追って学べます。
  • 人によって整理したい形はいろいろあります。 分野別に分かれているテキストを使って、自分に必要なところを身に付けることができます。
  • 整理が終わったら、安全に保存し、バックアップを必ず取ります。 作品作りや、思い出をテレビで見返すなど、生活の中で大切な写真を楽しみましょう。



カリキュラム例

※各店舗により、詳細カリキュラムは異なることがございます。
写真整理講座
~~作品完成例~~
写真整理講座作品完成例
<1.写真整理の準備をしよう>
はじめに、写真整理全体の流れをつかみます。手持ちの写真の中で、紙焼き写真はどんな種類があり、どのくらいあるのか、どこに保管されているのか、写真以外に整理したいものは何か、など全体の量を把握します。デジタル写真も同様に、全体の量を把握します。自分年表を記入して、写真整理を効率よく進められるよう準備をします。また、自分に合った仕分けをするために、分類の仕方を考えます。
<2.写真を仕分けてみよう>
実際に手持ちの紙焼き写真を、分類の仕方に沿って、仕分けしてみましょう。すべてを一度に作業するのが大変な場合は、一部を仕分けして、イメージをつかみます。負担を少なくはじめることで、写真整理をスムーズにスタートすることができます。
<3.写真をデジタル化しよう>
紙焼き写真については、それ以上劣化しないように、デジタル化しておくことが大切です。いろいろなスキャナーの特徴を知り、適したスキャナーを使って、写真をデジタル化します。デジタル化したデータは、パソコン、タブレット、スマートフォンなど、お持ちの端末に取り込むことができます。
<4.デジタル写真を整理しよう>
デジタル化した紙焼き写真のデータと、手持ちのデジタル写真のデータを、自分の決めた分類方法で仕分けし、整理します。パソコンであればフォルダーを、タブレットであればアルバム機能などを利用します。
<5.写真を保存しバックアップを取ろう>
写真の整理ができたら、わかりやすい形できちんと保存をしておきましょう。デジタルデータの場合、誤って消してしまっては大変です。大切な写真がなくなることのないように、適切にバックアップをしておきましょう。
デジタルフォトアルバム「おもいでばこ」で写真を見返そう
~~作品完成例~~
デジタルフォトアルバム作品完成例
<1.おもいでばこで写真を楽しもう>
デジタル・フォトアルバム“おもいでばこ”を使って、簡単にご自宅のテレビで写真やビデオを“見返す”ことができます。おもいでばこは、株式会社バッファローの製品です。パソコン、デジカメ、スマートフォン、iPadなどのタブレットに分散している写真を1か所に整理して、写真鑑賞を楽しみましょう。
<2.おもいでばこを使いこなそう>
おもいでばこは、簡単に利用できるだけでなく、実にさまざまな機能を持っています。パソコンから直接取り込む方法やアルバム機能を使った取り込み方法、さらに音楽の取り込み方や各種設定など、おもいでばこの応用的な使い方を知り、もっと便利に使いこなしましょう。

スキャナーを使って写真をデジタル化しよう
~~作品完成例~~
スキャナーを使って写真をデジタル化しよう作品完成例
昔の写真やアルバムに入った旅行の写真、七五三の写真など、プリントされた写真を整理するには、デジタル化することをおすすめします。写真の色あせや劣化などは、デジタル化しておけば防ぐことができます。
また、デジタルデータはコンパクトに保存ができ、必要な時に印刷したり、はがきやフォトブックなど、楽しい作品に利用することができます。 スキャナーという機械を使うことで、自分でも簡単に写真をデジタル化することができます。スキャナーにはいろいろな種類があり、それぞれの得意分野があります。
高速で短時間に大量にスキャンできるScanSnap iX500や、一枚一枚確認しながらスキャンできるコンパクトタイプのScanSnap iX100、アルバムの写真をはがさずそのままスキャンできるToRiZoなど、スキャナーの特徴を知っておくと効率のよいデジタル化をおこなうことができます。パソコンだけでなく、iPadなどのタブレットやスマートフォンに写真を取り込むこともできます。 写真をきちんとデジタル化して、思い出をしっかり残しましょう!

素敵なフォトブックを作ろう
~~作品完成例~~
素敵なフォトブックを作ろう作品完成例
写真は撮るためのものではなく、見るためのものです。せっかく写真を整理しても、見返すことができなければ、本当の意味が薄れてしまいもったいないことです。写真整理のゴールは、整理にあらず…です。 そこで、思い出を見返すことができる方法としてとても人気が高いのが、フォトブック作りです。整理した写真の中から、大好きな写真を組み合わせてページを作ります。
その時の場所や思いなどを、文章にして添えることもできます。さあ、ぜひあなたのオリジナルの素敵な一冊を、楽しみながら作ってみましょう。

<フォトブックを作ることができるサービスの例>
●マイブック・マイブックライフ URL:http://www.mybook.co.jp/
●しまうまプリント URL:https://www.n-pri.jp/
● TOLOT URL:http://tolot.com/
● 一冊本舗 URL:http://www.1satu.com/
● マルチブック URL:http://www.mubook.jp/

講座の様子

講座の様子写真整理のための講座は、仕分けるところから整理し終えるまでの全体を通しての講座や、部分的に知りたいところだけを受けられる講座などがあります。 ご自分で思うようにすべてやってみたい方も、あまり自信がない方や時間がない方も、自分流の写真整理を組み合わせて取り組むことができます。

気になっていたことがスッキリするだけでなく、思わぬ発見や感動に出会えることでしょう。ぜひ今こそ、その一歩を踏み出してください。


テキストご紹介


テキストご紹介

写真整理アドバイザー講座テキスト
パソコープの写真整理アドバイザー資格制度にも使われているテキストです。写真整理に必要なノウハウが1冊に集約されています。写真整理アドバイザーだけが購入できます。お近くのパソコープのお教室か、写真整理アドバイザーより、お求めください。 内容:写真の仕分け、写真のデジタル化、写真の編集、動画の編集、 写真データの保存と管理、いろいろな作品の提案 など。




テキストご紹介

スキャンスナップを使ってみよう (iX500 iX100)
昔の写真やアルバムの中で、思い出深いものをスキャナーで取り込んでデジタル化してみませんか?このテキストではScanSnap iX500とScanSnap iX100の使い方を紹介しています。 ScanSnap iX500では、写真や書類などを連続でスキャンしてデータ化し、パソコンに保存します。また、ネットワークに接続しているiPadやスマートフォンを使ってスキャンし、データを保存します。 ScanSnap iX100では、iPadやスマートフォンとダイレクトに無線接続して、はがきの裏面をスキャンして保存します。
アマゾン:スキャンスナップを使ってみよう(iX500 iX100)




テキストご紹介

スキャンスナップを使ってみよう(SV600)
昔の写真やアルバムの中で、思い出深いものをスキャナーで取り込んでデータ化してみませんか?このテキストでは、ScanSnap SV600の使い方を紹介します。新聞やアルバムを開いて見開きページ全体をスキャンします。イメージデータを補正して整え、データ化してパソコンに保存します。
アマゾン:スキャンスナップを使ってみよう(SV600)




テキストご紹介

ToRiZoで写真をスキャンしよう
ToRiZoは、A6サイズの画像が撮れるスキャナーです。小さく軽く、乾電池で動き、どこへでも持ち運び可能です。原稿カバーを取り外すことで機械をひっくり返してスキャンができるため、アルバムから写真をはがさずにデータ化することができます。 このテキストでは、ToRiZoを使って写真を取り込む方法や大きな紙をデータ化する方法、写真をまとめてトリミングする方法、iPadにWi-Fi経由で直接取込む方法のほか、フォトフレームを手作りするなど楽しく盛り沢山な内容を紹介しています。
アマゾン:ToRiZoで写真をスキャンしよう




テキストご紹介

おもいでばこで写真を楽しもう
“おもいでばこ”は、思い出のつまった大切な写真や動画を“見返す”ために生まれたデジタルフォト・アルバムです。誰もがデジカメやスマートフォン、iPadなどのタブレットで気軽に写真を撮影できるようになり、家族の写真、旅先の写真、きれいな花の写真などたくさんの写真を残すようになりました。そんな思い出の写真を“簡単に整理”しながら、テレビの大画面やiPadなどで“見て楽しむ”ことができるのが、おもいでばこです。 このテキストでは、さまざまな機器からおもいでばこに写真や動画を取り込む方法と、おもいでばこを使って写真鑑賞を楽しむ方法をご案内します。
アマゾン:おもいでばこで写真を楽しもう




テキストご紹介

おもいでばこを使いこなそう
写真や動画の取り込み方法や鑑賞方法などの基本的な使い方をご案内したテキスト「おもいでばこで写真を楽しもう」に続いて、パソコンから直接取り込む方法やアルバム機能を使った取り込み方法、さらに音楽の取り込み方や各種設定など、おもいでばこの応用的な使い方をご案内します。
アマゾン:おもいでばこを使いこなそう




テキストご紹介

PhotoMovie Studio 6 Pro 動画の編集とDVDの作成(ビデオ編集モード 編)
Wondershare社の「PhotoMovie Studio 6 Pro」を使って、撮りためたビデオをつなぎ、画面の切り替え効果やBGMや字幕など編集からDVDの作成、iPadなどに対応した動画の保存方法までを学習します。
アマゾン: PhotoMovie Studio 6 Pro




テキストご紹介

iMovieでビデオ編集を楽しもう
イベントや旅行、日々のできごとや、四季折々の景色など、見回せば残しておきたいシーンがたくさんあります。 ビデオ編集もiPadなら簡単に楽しめます。iPadがあれば、素材となるビデオの撮影から編集、公開までが1台で気軽に楽しめます。 「動画のこの部分を使いたいな。」「撮影したイベントのビデオをもうちょっと短くコンパクトにまとめたいな。」「旅行で撮影したビデオに、説明文を入れておきたいな。」撮影したビデオをあれこれ編集したいなら、iMovie(アイムービー)を使ってみましょう。 完成したムービーは、YouTubeや共有ストリームを使って、家族や友達に知らせしましょう。
アマゾン:iMovieでビデオ編集を楽しもう




テキストご紹介

動画を編集してみよう (Windows ムービーメーカー 2012)
Windows ムービーメーカー 2012は、マウスでドラッグ操作を数回行うだけで、簡単にオリジナルのムービーを作成することができます。タイトルやBGM、ナレーションの挿入ができたり、切り替え効果や特殊効果を加えたりすることができます。Windows ムービーメーカー 2012は、手持ちのビデオ素材を切り貼りして、オリジナルのビデオを作りあげるビデオ編集ツールです。
アマゾン:動画を編集してみよう (Windows ムービーメーカー 2012)




テキストご紹介

おもいでキットで自分史を作ろう
おもいでキットは、「出来事」、「音楽」、「スポーツ」、「映画」などの年表からインターネット上にあるさまざまな情報を閲覧することができ、思い出の想起に大いに役立ちます。 利用者を登録すると、生年月日から自分史を作成することができます。 キーワードを並べたり、写真を追加したり、インターネット上にある情報と関連づけながら、楽しく自分史を作ることができます。
アマゾン:おもいでキットで自分史を作ろう




テキストご紹介

Google フォトで写真や動画を楽しもう(iOS9.1 Googleフォトバージョン1.5.0)
iPadやスマートフォンが登場し、写真は旅行や記念日など特別な日だけでなく、日常的に撮影するものになっています。 気づくとiPadやスマートフォンの中に写真があふれているということはありませんか? Googleフォトに撮りためた写真を保存すると、ネット環境があれば、いつでもすべての写真を見ることができます。無制限に保存できて、ムービーなども自動的に作成してくれるGoogleフォトを使ってみましょう。
アマゾン:Google フォトで写真や動画を楽しもう




テキストご紹介

大切なデータをバックアップしよう
もし、今使っているパソコンが突然起動しなくなったら・・・ パソコンの中に保存してあったデータがなくなってしまうかもしれません。 デジカメで撮った写真や動画、その写真を使って作った作品、毎年送る年賀状の住所録やメールをやり取りしているメールのアドレス帳、WordやExcelで作成した文書やスキャナーでPDFにした書類・・・どれも、なくなっては困る大切なデータです。そうした大切なデータは、日ごろからバックアップをしておきましょう。 たとえ、パソコンに異常がなくても、ついうっかり削除してしまったり、上書きしてしまうこともあるかもしれません。 「転ばぬ先の杖」大切なデータほど常にバックアップを心掛けましょう。
アマゾン:大切なデータをバックアップしよう




ログイン パソコープテキスト パソコープ広場 写真整理アドバイザー
お問い合わせ